多重債務防止の為に貸金業法が改正されて総量規制が始まりました。それで個人が借りられる借金総額が年収の3分の1までに制限されて、1社当たり50万円を超える場合または他社との合計で100万円を超える貸し付けを行う場合は収入証明書の提出を要求しなければならないとなりました。そして収入の無い人は貸金業者からは借りることが出来なくなりました。だから収入の無い専業主婦は自動的に借りられなくなりました。ただ例外規定で夫婦なら夫の年収の3分の1まで借りることが出来ます。しかしその場合は夫の同意が必要です。だから主婦の人達はクレジットカードのショッピング枠だけを作って、お金を借りずに買い物をして自動リボ払いで返済しています。 しかし銀行カードローンならば総量規制の対象外でして、借金総額の制限が無く収入証明書の提出も法律で決められていません。それで収入の無い専業主婦でも借りることが出来ます。専業主婦でも借りられるカードローン決定版では人気の申込方法が紹介されています。
利息も貸金業者よりも低いから借りるなら銀行カードローンの方がお得です。それで専業主婦がみずほ銀行カードローンで借りる場合は、収入証明書は収入が無いから持たないし、在籍確認も意味が無いです。しかし夫の方を審査して妻の方に貸すので、在籍確認も夫の会社に電話をします。信用情報も夫の経歴を調べて、問題が無ければ、それで審査が通りみずほ銀行カードローンが借りることが出来るようになります。専業主婦で借りる場合は収入が無い以上夫次第になります。だから借りる方法として夫が審査が通るようにしておくことです。